エステの解約やクーリングオフについて


いま通っているお店には直接聞きづらいエステの解約やクーリングオフなどのお金の部分に関してお答えします。

 

エステのクーリングオフについて

皆さんもご存じの通り、契約書面を受領した日から8日以内に契約解除通知書を契約したお店に送ります。これはハガキで構いません。

住所OOO
OO会社
代表者OOO
O年O月O日
貴社OO店との間で締結したエステティックサービス契約について約款第O条に基づき契約を解除します。
つきましては、支払い済みのOO円を下記口座に振り込んでください。
また、私が受け取った商品をお引き取りください。(こちらは未開封でなければなりません)
銀行口座:OO銀行OO支店 普通預金口座OO 名義人OO
O年O月O日  住所OOO  氏名OOO

上記のように記入するだけで大丈夫です。
すると大体のサロンは電話やメールで受け取りを確認してくれると思います。

 

エステ店の中途解約について

中途解約でまず確認して欲しいのが、契約した時の契約書です。お客様控えの裏面にエステティックサービス契約約款ととても長い文章が第1条から書かれてあります。

 

中途解約についても記載がありますが、サロンによって解約金や関連の商品などがある場合で計算が違う可能性があるので、大事なのは途中解約の場合返金はどうなるのかしっかり聞いておくことです。

 

中には契約期間内にもかかわらず返金してもらえないとか、お店がつぶれて連絡つかなくなってしまったとか色々聞きます。

 

もうひとつ、期間が過ぎてしまった場合の返金はどうなるのかも聞いた方がいいです。良心的なサロンは期間が過ぎていても返金してくれる所もあります。

 

消費者センター

これは自分でサロンに言いにくいとか、解約したいけど出来ないとか、納得出来ない事があったとか第3者に入ってもらい問題解決のお助けマンですね

 


いずれにしても、契約時にしっかり質問し、疑問がないように納得したうえで通うことをおすすめします。

 

↓ ↓ ↓