妊婦の便秘について、理由と対処法

妊婦の便秘について、理由と対処法

便秘で苦しい、けれどお腹の赤ちゃんが気になるからトイレでいきむのは怖い・・・
便秘は妊婦に多い悩みごとのひとつです。
普段は便秘に悩んだことがなくても、妊娠をきっかけに便秘になる方も多くいます。
また、今までは薬や運動で便秘を解消できていたとしても、赤ちゃんへの影響を考えると妊娠中はできないこともあります。
妊娠中は何かと不安になりがちですから、悩みは少ない方がいいですよね。
そこで、妊婦の便秘の原因と、その対策を紹介します。

 

 

妊娠中に便秘になりやすい理由は?

どうして妊娠中は便秘がちになってしまうのでしょうか?
そこには妊婦特有の原因があります。

 

ホルモンの作用

妊娠中は赤ちゃんのためにホルモンがたくさん分泌されます。
ホルモンのうち特に多いのが、女性ホルモンの一種のエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。
ホルモンのバランスが妊娠前と大きく変わるので、体の調子をくずしやすくなります。
胃腸の症状でいえば便秘や下痢、さらに気持ち悪さや吐くといったトラブルがよく起こります。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用

妊婦の便秘の原因は、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの働きによるものが大きいと考えられています。
プロゲステロンの分泌量は、妊娠前と比べると妊娠初期は数倍〜5倍、妊娠後期は10倍以上にもなります。

 

プロゲステロンは赤ちゃんに栄養や酸素を送る胎盤への血流を増やすため、体内に水をためる指令を出します。
すると、食べた物からも水分をたくさん取り込もうとするので、水分が少ない硬い便になります。
さらに、プロゲステロンは赤ちゃんがいる子宮の筋肉をゆるめるように働きかけますが、近くにある腸の筋肉も影響を受けてゆるんでしまい、動きが鈍くなります。

 

まとめると、プロゲステロンの働きにより便が硬くなり、さらに腸の動きの鈍さがあわさって妊娠中は便秘がちになってしまうのです。
便の硬さと腸の動きは自力でコントロールできないのが辛い所ですね。

 

子宮が大きくなるから

妊娠前の子宮の大きさはニワトリの卵ぐらいですが、胎児が成長するにつれ大きく重くなり、近くにある胃腸を圧迫します。
すると、胃腸への血流が鈍くなったり、本来の動きがしづらくなったりするため。
便秘や胃もたれなどの症状があらわれます。

 

食事の変化

妊娠中に限らず、食物繊維の多さやバランスの良さを考えた食事が難しい時期が続くと便秘がちになります。
また、食事の量が少なくなっても同様です。

 

しかし、妊娠中は食べ物の好みや受け付ける食べ物が変わることがありますよね。
例えば、つわりの時期です。
つわりの重さは人それぞれですが、重いつわりだと食べ物の匂いだけで参ってしまいほとんど食べられない方もいます。
逆に、ジャンクフードやゼリーだけ受け付ける、という方も。
そういった状況が続くと、やはり食事の量と食物繊維が不足します。

 

また、便秘でお腹が張ると吐き気をもよおすことがあります。
つわりと便秘での気持ち悪さが重なるとますます辛くなります。

 

鉄剤

貧血と診断されると鉄剤が処方されます。
もしかして、鉄剤を飲み始めてから便秘になっていませんか?
なぜかというと、鉄剤の副作用のひとつに便秘があるからです。
鉄剤で便秘が起こる理由は詳しく分かっていませんが、鉄剤に含まれる鉄分のうち約4割が未吸収で腸を通って出されるので、そのときに腸へ影響をおよぼしていると考えられます。
鉄剤を飲んだ後の便が黒くなるのは未吸収の鉄分によるものです。

 

ちなみに、注射の鉄剤は便秘の副作用がほとんど起こりません。
これはおそらく、注射に含まれる鉄分が胃腸を通らずに直接体内に取り込まれるためです。
ただ、注射は内服の鉄剤が副作用の辛さなどでどうしても飲めない方向けの薬です。
なおかつ注射を打ってもらうために定期的に病気へ通う必要があります。

 

トイレでいきみづらい

便意は来ているけど出にくい、そんなときがあると思います。
妊娠中だと強くいきむのは気が引けますよね。
でも、出せるときに出せなかった便は直腸付近で硬まってしまうので、次の便意が来たときにもっと出にくくなります。
ものすごく強くいきんだり、長時間トイレにこもっていきみ続けない限りは子宮まで負担がかかることはありませんが、そうはいっても心配になると思います。

 

 

基本の対策や予防法

便秘にできるだけ悩まないために、妊娠中でもできることを紹介します。
つわりの時期など体調の悪いときは難しいかもしれませんので、無理なくできる範囲で試してみてください。

 

食物繊維を摂る

便秘対策といえば食物繊維ですね。
食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。
食物繊維を難しいところは、それだけを摂りすぎても便秘になってしまうところです。
また、2種類のうちどちらかだけを摂りすぎてもお腹の調子がおかしくなります。
食事で摂る分にはあまり気にしなくても大丈夫ですが、サプリメントや健康食品で補おうとしている場合は気をつけてください。

 

水溶性と不溶性の食物繊維、2種類をバランス良く摂るために、できるだけいろいろな食材を取り入れましょう。
果物や海藻には水溶性食物繊維が多く、野菜や豆類には不溶性食物繊維が多く含まれています。

 

昆布は食べ過ぎに注意

海藻類には水溶性の食物繊維が多く含まれています。
しかし、その中でも昆布は妊婦が気を付けたい食材のひとつです。
なぜなら昆布にはヨードが大量に含まれているからです。

 

ヨードは海藻類に豊富な栄養素ですが、中でも昆布に含まれるヨードの量は他の海藻類よりも圧倒的です。
妊婦の1日当たりのヨード耐容上限量は約2mgですが、乾燥昆布なら約1g(3cm角が目安)でこの上限量に達してしまいます。
神経質になることはありませんが、毎日続けてたくさん食べるのは控えた方が良い食材です。

 

発酵食品を摂る

ヨーグルトや納豆などの発酵食品もおすすめです。
発酵食品を摂ることで腸内の善玉菌の働きを助け、悪玉菌の増殖を抑えます。

 

ナチュラルチーズは十分に加熱を

妊娠中は菌やウイルスへの抵抗力が低下しています。
妊婦が加熱殺菌していない乳製品をそのまま食べると、リステリア菌の食中毒にかかる恐れがあります。
外国産のナチュラルチーズは加熱殺菌していないものが多いので注意してください。
一方、国内で製造したナチュラルチーズは、原料の生乳を加熱殺菌しているためリステリア菌に感染する恐れはほとんどありません。
しかしいずれにしても念のためよく火を通してから食べましょう。
加熱して75℃以上の温度になればリステリア菌は死滅します。

 

適度に動く

体、特に足や腰回りを動かすと腸の運動がうながされます。
軽いウォーキング、体操、ストレッチを試してみてください。
マタニティヨガも良いでしょう。
もしもお腹が張ってしまったらしっかり休んでくださいね。

 

安静を指示されている場合は、体を動かす前にまず主治医へ相談しましょう。

 

水分補給

妊娠中は体に水をためこもうとするので、食べたものからも水分がさかんに吸収されます。
結果、水分が少ない硬くてコロコロした便になります。
1日1.5L以上を目安に積極的に水分を摂りましょう。
ただ、妊娠中はトイレが近くなるので、水分補給でトイレの回数が増えるのも悩みの種だと思います。
飲み物は一気にたくさん飲んでもすぐ尿として出されてしまうので、こまめにちょこちょこ飲むのがコツです。

 

規則正しい生活を

日中にすごく眠かったり、夜になかなか寝付けなかったり・・・妊娠中はいつもと体のリズムが違うと感じるかもしれません。
でも、夜更かしや遅寝が続くと自律神経の働きが乱れ、連動して腸の調子も悪くなります。
また、食欲があれば朝食をとるよう心がけてください。
朝食後が特に便意が起きやすいチャンスの時間だからです。

 

 

便秘になってしまったら−対処方法

便秘に悩む妊婦に対してよく行われている対処方法は、オリゴ糖と医薬品です。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は便秘にいい、とよくいわれていますよね。
その理由は、オリゴ糖は腸内細菌、特に善玉菌の栄養になる成分だからです。
オリゴ糖を摂ると腸内の善玉菌が増えることで整腸作用が期待できます。
オリゴ糖はゴボウ、玉ねぎ、きなこ、ハチミツ、納豆などに多く含まれています。
手軽にオリゴ糖を摂れるシロップや粉の製品もあります。

 

オリゴ糖の製品を使うなら少しだけ注意が必要です。
まず、甘さは砂糖より控えめなので、甘味が足りないからといってたくさん使いすぎるとカロリーオーバーになります。
また、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがありますので商品の表記通り適度に摂りましょう。

 

便秘薬

妊婦の便秘によく使われる便秘薬は確かにあります。
ただし、便秘薬については、まずかかりつけの産婦人科医へ相談してください。
状況に応じて酸化マグネシウムやピコスルファート内用液などの便秘薬が処方されます。
どれも長い間使い続けられていて赤ちゃんや子宮へほとんど影響がない薬が選ばれています。

 

市販の便秘薬

便秘に効果がある市販薬のうち、妊娠中でも服用できる薬は酸化マグネシウムの便秘薬、整腸剤、一部の坐薬です。
ただし、妊婦本人や赤ちゃんの具合によっては使えない場合がありますので、市販薬を利用する前に必ず産婦人科の主治医へ相談してください。

 

酸化マグネシウムの便秘薬

酸化マグネシウムの便秘薬は腸内に水を集めて便をやわらかくする効果があります。
水分を多く含んだゆるい便なので、いきまなくても出しやすくなります。
また、薬の成分はほとんど体に吸収されずに腸だけで効果を発揮します。
処方薬と市販薬の両方がありますが、成分は同じ酸化マグネシウムです。

 

整腸剤

整腸剤には乳酸菌などの有用な菌が配合されています。
整腸剤は子供から大人までおなじみですね。
腸内の善玉菌を助け、便秘や下痢を改善する効果があります。

 

坐薬

便秘に効く坐薬はいくつかあります。
しかし、妊婦の便秘に使えるのは、主成分が炭酸水素ナトリウム・無水リン酸二水素ナトリウムの坐薬だけです。
この主成分の坐薬は、直腸で炭酸ガスを出して腸の動きをうながします。

 

市販の製品はコーラック坐薬タイプ、ウィズワン坐剤、新レシカルボン坐剤Sがあります。
ちなみに、コーラックは坐薬と内服薬で成分が異なります。
内服薬のコーラックは妊婦へ良くない影響がある恐れがある薬なので、お店やインターネットでコーラック坐薬を探す場合は注意してください。

 

 

これはNG!−妊娠中の便秘でやってはいけないこと

逆に、妊娠中の便秘に対してしてはいけないことがあります。
薬や健康食品、サプリメントは使う前に必ず専門家へ相談してくださいね。

 

妊娠前に使っていた便秘薬を飲む

前にもらった便秘薬が余っているから使おう、というのは危険です。
妊娠前に使っていた便秘薬は、妊娠中は医師や薬剤師の許可なしに服用してはいけません。
便秘薬には子宮を収縮させる作用があるものが多くあります。
成分名でいえばセンナ、ビザコジルなどです。
また、便秘に効能がある漢方薬も基本的にNGです。
ダイオウ、オウゴン、など子宮に影響がある生薬が配合されているためです。
自己判断で薬を服用して、流産や早産になってしまったら大変なことになります。

 

妊娠中に使える便秘薬には、酸化マグネシウムや整腸剤がありますが、まずは産婦人科の主治医へ相談してからにしましょう。

 

便秘に効くお茶や健康食品

お茶や健康食品はすべてが必ずしも妊婦に対して安全とはいえません。
便秘に効くとうたったお茶や健康食品には、センナ茶、ハブ茶、アロエなどが販売されています。
しかしこれらも妊娠中はNGです。
原材料に使われるセンナ、アロエ、キャンドルブッシュ、などの植物には薬と同じ下剤成分が入っていることがあり、その成分は上記の便秘薬と同じように子宮収縮作用があるためです。

 

漢方茶やダイエット系のお茶も同じく、下剤成分が含まれる薬草が入っていることがあるので妊娠中は手を出さないようにしましょう。

 

マッサージのしすぎに注意

赤ちゃんのいる子宮は、刺激を受けると収縮する性質があります。
これがいわゆるお腹が張る、です。
妊婦がしてはいけない行動としてお腹を締め付る、動き回る、重いものを持つなどがありますが、これらは子宮を収縮させないためでもあります。
ですので、マッサージやお腹をさするのをがんばりすぎると、子宮にとっては刺激になってお腹が張る可能性があります。
マッサージはほどほどにしてくださいね。

 

 

気になる妊婦の便秘のQ&A

便秘に効くツボはありますか?

ツボを紹介したいところですが・・・実は、ツボを押す効果は科学的に解明されているわけではありません。
便秘に効くといわれるツボも、便秘だけでなくて胃腸、筋肉、血流にかかわっているとされています。
うかつに刺激して子宮やお腹に良くない影響があったら大変です。
慎重になりたい妊娠中においてはあまりおすすめできません。
ツボ押しをかかげている施設でも妊娠中の方は要相談だったりそもそも受けていなかったり、意見が分かれています。

 

妊娠中の便秘はお腹の赤ちゃんに影響がある?

便秘だからといってお腹の赤ちゃんに悪影響が出るわけではありません。
でも、便秘になることや便秘が続くことが妊婦にとって大きなストレスになるので、できれば解消してお通じを気にすることなく過ごすのが一番です。

 

 

何も効かないときは病院へ

何日もお通じがない、何をしても効かない、腹痛やお腹の張りがひどい、など辛いときは迷わず病院を受診しましょう。
辛いのを耐えるのはお腹の赤ちゃんにとってもよくありません。
また、臨月近くになると、腹痛が便秘によるものか、それとも子宮の痛みやまさかの陣痛なのか分からなくて焦ってしまうと思います。
お腹の痛みの強さと間隔を書きとめておくと病院へ相談するときに役に立ちます。

 

 

まとめ

便秘は多くの妊婦が経験する悩みです。
妊娠中の便秘の悩みは誰かに相談しづらいこともあって悪化させやすいので、できることから対策してみてはいかがでしょうか。

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!