便秘の種類について|最新の分類は2種類!あなたの便秘は『排便回数減少型』?それとも『排便困難型』?

便秘の種類について

器質性便秘に機能性便秘、直腸性便秘や弛緩性便秘、痙攣性便秘など。
便秘には種類があるってことを便秘に詳しい方は知っているかもしれません。
そんな便秘の分類も2017年に便秘のガイドラインができたことで少し変わりました。

 

 

便秘にも種類がある

腸自体が原因の器質性便秘

器質性便秘は、腸そのものに原因があります。
腸の炎症や閉塞で腸が狭くなっていたり、先天的に腸の長さに異常があったりといったものです。

 

便を作る過程や排便に問題がある機能性便秘

機能性便秘は、腸の機能低下が原因。
排便回数が減ったり、排便が困難になったりしている状態で、急性的な便秘と慢性的な便秘に分けられます。
普段みなさんが言う、『便秘』は機能性便秘を指します。

 

ん?なんか出ない…の急性便秘

機能性便秘の中でも便秘の第一段階というべき状態が、急性便秘。
「あれ、なんか出なくて不快…」と、まずに感じる状態がこちら。
急性便秘の状態で、すぐに便秘が解消できるのであれば、一時的な便秘のため特に心配はいりません。

 

急性便秘が慢性化!慢性便秘はさらに3種類

2017年に慢性便秘のガイドラインができてから、慢性便秘は排便回数が減っているものと、排便が困難なタイプに大きく分別されています。
しかし、以前まで慢性便秘はタイプ別で3種類に分けて説明されてきた背景があり、今でもこの名残は残っています。

 

 

慢性的な便秘はこう見分けて診断されてきた

直腸性便秘

便を我慢することで生じる便秘。
便そのものは出る直前まで移動しているにもかかわらず、便を出すという意思が脳に伝達されない状態です。
便意を我慢しないことがとにかく大事な便秘です。

 

弛緩性便秘

筋力低下や腸の動きの鈍さが原因で起こる便秘。
腸の動きが弱く、便がスムーズに腸内を移動できない状態になっています。
筋力が低い高齢者に多い便秘です。
腹筋などの筋トレはもちろん、水分摂取量や食事量を見直すことも腸の動きの改善に効果的です。

 

痙攣性便秘

痙攣性便秘は字の通り、腸がヒクヒクと痙攣しているような状態になり、便の通りが悪くなる便秘です。
センノシドのような刺激性の便秘薬の乱用が原因でも起こる便秘です。

 

 

2017年日本で初めて慢性的な便秘のガイドラインが発刊された

初めてできた便秘の定義

便秘って実は2017年まで、きっちりとした定義がなかったんです。
だから、便秘といっても、感覚的なものでしかなく、病院の対応もまちまちでした。
2017年になり、「本来、体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」と定義されたのです。

 

便秘はシンプルに分類

今までの便秘は、直腸性便秘や弛緩性便秘、痙攣性便秘など種類で詳しく分類されていました。
しかし、便秘のガイドラインができてからは、便が少ない排便回数減少型か、便を出すのが困難な排便困難型かにザックリ分類されます。

 

 

便秘の種類はよりシンプルに

直腸性便秘や弛緩性便秘、痙攣性便秘といった言葉は今でも使われはするものの、古くなりつつあります。
昨日の常識が今日の非常識となるのが医療の世界。
便秘の常識も時代と共に変化するというわけですね。

 

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!