【薬剤師が解説】市販便秘薬『3Aマグネシア』の効果と注意点

3Aマグネシアの効果と注意点について薬剤師が解説

市販酸化マグネシウム製剤3Aマグネシア

薬剤師植松アイコン

「3Aマグネシアの口コミをみて自分も使ってみたい」
「便秘薬は使ったことがないけど、なんだかよさそう!」
「ダイエットにも使える便秘薬?これって本当かな?」
……

 

便秘薬を使ったことがない方や便秘薬をネットで検索していて書いてあることが本当か気になった方に、薬剤師が3Aマグネシアをお教えします。

 

 

3Aマグネシアは排便のリズムをつけるのに最適!上手に便秘薬を使って便秘知らずの体質になろう

【薬剤師が教える】便秘薬の選び方とおすすめ

 

 

3Aマグネシアの効果を薬剤師が簡単に解説

便秘薬の万能選手!3Aマグネシア

ドラッグストアは数あれ、どこのドラッグストアでもよく目にする便秘薬の一つが3Aマグネシアです。
便秘薬は数がありすぎて、すべての種類を置いているドラッグストアはまずないでしょう。
3Aマグネシアは、そんな数ある便秘薬の中でもメジャーな便秘薬です。

 

毎日飲んでも安全な便秘薬

3Aマグネシアは薬剤師からしても、まず試して欲しい便秘薬です。
便秘薬を使う方は即効性を求めて、刺激性の便秘薬に手を伸ばしがち。
もちろん短期間に正しく使う分には問題ありません。
しかし、慢性的に便秘がある人が毎日のように刺激性の便秘薬を飲んでしまうと、便秘薬がないと排便できなくなったり(習慣性)、腸が慣れて量が足りなくなったり(耐性)します。

 

刺激性の便秘薬と違い、3Aマグネシアは毎日飲んでも習慣性や耐性が生じません。
だからといって3Aマグネシアに頼りきりになるのではなく、水分摂取や食事習慣など便秘の根本原因を解決することが大切です。
その上で普段から便秘になりがちな方は、まず1週間3Aマグネシアを飲んでみるといいでしょう。

酸化マグネシウム便秘薬の成分や効果のメカニズム、安全性についての解説はこちら

【薬剤師が解説】酸化マグネシウム便秘薬について

 

 

▲目次にもどる

3Aマグネシアの効果の発現時間を薬剤師が正確に調べてみた

3Aマグネシア効果発現時間

3Aマグネシアは食後に飲むのか寝る前に飲むか

3Aマグネシアの箱の中にある紙……添付文書をみてみましょう。
3Aマグネシアの添付文書には、「寝る前に飲もう」と書いてあります。
通常、3Aマグネシアのような便秘薬は寝る前に飲んで朝の便通を期待しています。

 

ただし自分のライフスタイルとして、朝の便通は勘弁して欲しいという方もいるでしょう。
そのような場合は食後に飲んで様子をみても問題ありません。

 

3Aマグネシアの説明書!添付文書に効果の発現時間はこう書いてある

読んでからガッカリするのはよくないので、結論から書きます。
3Aマグネシアの添付文書には特にどのくらいの時間で効果が出るのか書いてありません。

 

3Aマグネシアを飲んで、どのくらいの時間が経てば便通があるのか?
それを知ることができれば一番いいじゃん!……私もそう思います。
3Aマグネシアを飲んでどのくらいの時間で効果が出るのか?
薬剤師である私が調べてみました。

 

まずは3Aマグネシアの説明書である添付文書(箱の中にある紙)から。
しかし、添付文書には効果の発現時間については何も書いてなかったんですね。

 

このようなときどうするのか?
薬剤師はインタビューフォームというより詳しい説明書をみます。
しかし、3Aマグネシアは市販薬のためインタビューフォームがありません。
それならば、3Aマグネシアと同じ効果を持つ医療用の便秘薬、マグミットのインタビューフォームを探してみましょう。

 

酸化マグネシウムの代表!マグミットのインタビューフォームをみてみる

マグミットのインタビューフォームをみてみたのですが、こちらにも効果の発現時間については「該当資料なし」と書かれています。
ちょっとガッカリですが、でもこれ一つの収穫なんです。
ネット上で検索すると、8時間で効くとかいろいろなことが書いてありますよね?
でも◯時間で効くというのはあくまでも目安であって、正確な情報ではないということです。

医療用の酸化マグネシウム製剤代表格『マグミット錠』の外観と効果についてはこちら

【薬剤師解説】医療用便秘薬『マグミット錠』の便秘解消効果、副作用について

 

実際、便秘薬の効果発現は個人差があります。
3Aマグネシアを飲むときは、まず最小量の3錠で試して飲んでからどれくらいの時間で効果が出るのかを知ることが大切です。
寝る前に飲んで朝の排便というのもあくまでも一般論です。

 

 

▲目次にもどる

ネットにある3Aマグネシアの副作用…どう考えたらいいの?

3Aマグネシア副作用情報考察

酸化マグネシウムは安全性の高い便秘薬

3Aマグネシアは安全か?
薬剤師の目からみても、正しい飲み方で飲んでいる限りは安全性の高い便秘薬といえます。

 

調べて書いてある副作用はあくまでも可能性

安全性が高いとはいえ副作用はゼロではありません。
ネットで3Aマグネシアの副作用を検索してもいろいろ書いてありますよね。
調べて書いてある副作用はあくまでも可能性として考えられる副作用です。
3Aマグネシアを飲めば必ず起きるとか、起こりやすいわけではありません。

 

起こりやすい副作用は軟便や下痢

3Aマグネシアを飲むときに何に気をつけなければならないか?
いろいろ書いてある副作用よりも起こりやすいのが、軟便や下痢です。
軟便や下痢は3Aマグネシアの量が合っていないと起こります。
最小量の3錠でも軟便や下痢になる場合はさらに量を減らすといいでしょう。

 

高マグネシウム血症はあまり恐れないで

ネットを検索していると「高マグネシウム血症」という副作用が出てきます。
高マグネシウム血症は、健常人が正しい飲み方で飲んでいる限りはまず心配のいらない副作用です。
高マグネシウム血症に気をつけなければいけないのは、高齢者や腎機能が低下している場合です。

 

高齢者や腎機能が低下していないなら、高マグネシウム血症を恐れるよりも、高マグネシウム血症の初期症状を押さえましょう。
吐き気や嘔吐、めまい、息苦しさなどが主な初期症状です。

 

「そんなの体調不良と判断できないよ!」と言われてしまいそうですが、判断する必要はないのです。
薬の副作用に気づくポイントは普段と違う様子に気づくこと。
薬を飲んでみて普段と何か違うならば、すぐに医師、薬剤師に相談しましょう。

 

 

▲目次にもどる

3Aマグネシアは妊婦も安全に飲める?

妊婦の3Aマグネシア服用注意点

3Aマグネシアは妊婦も使える便秘薬

3Aマグネシアのような酸化マグネシウム系の便秘薬は、妊婦さんでも安心して使えます。
でも妊娠中であれば、不安を感じながら薬を飲むことは避けたいもの。
酸化マグネシウムは処方薬もあるので、まずは担当医と相談するのがベストです。

妊娠中の方の便秘対策と予防についての記事はこちら

【薬剤師解説】妊婦の便秘について、理由と対処法

 

3Aマグネシアに限らず市販薬の使用は報告が大切

もし妊娠中に3Aマグネシアに限らず市販薬を飲むなら、担当医や薬局への報告が大切です。
処方薬に限らず市販薬もきちんと報告することで、薬の重複処方や飲んではいけない薬のバッティングを未然に防ぐことができます。

 

 

▲目次にもどる

3Aマグネシアの口コミは薬剤師からしてどう?

3Aマグネシア口コミ検証

「残便感の解決のために飲んでいます」

便秘と一言で言っても、その症状は人それぞれです。
便通や排便があっても、本人の主観で十分量を出せていない場合は、便秘といえます。
残便感の解決に3Aマグネシアを飲むのはOK。
ただ経験上、残便感がある方は単に水分摂取量が少ない方が多いので、意識的に水分摂取を心がけてみるとよいです。

 

「他の便秘薬で起こった腹痛がなかった」

刺激性の便秘薬は腸を直接刺激するので、腹痛の副作用がよくみられます。
3Aマグネシアのような酸化マグネシウム系の便秘薬は腸を直接刺激せずに、水分を集めることで便通を促します。
そのため、腹痛の副作用が出にくいんですね。

 

「便秘予防には使えるが事後対策には使えない」

これは誤った認識です。
3Aマグネシアは便秘の予防には使いません。
刺激性の便秘薬ほどの即効性は期待できませんが、1週間程度飲んでみて便通状態が改善すれば効果ありと判断してよいでしょう。

 

「便秘が起こりやすい薬と併用したら効果がありました」

これは私の担当患者さんの話です。
病院でもらう薬であっても、便秘を考慮せずに処方されることはよくあります。
このようなときに、まずは3Aマグネシアのような酸化マグネシウム系の市販薬を試してみることをすすめています。

 

 

▲目次にもどる

3Aマグネシアでダイエット!薬剤師が教える便秘薬ダイエットの本当のこと

便秘薬ダイエット注意喚起

便秘薬でダイエットはできない

3Aマグネシアをネットで調べていると、「下剤ダイエット」なるものが引っかかります。
下剤ダイエットを成功させるやり方などを紹介していますが、そもそも下剤でダイエットはできません。

 

下剤ダイエットの成功のポイントはない

下剤ダイエットと聞くと楽に痩せられるような気がします。
でも実際はダイエットどころか、副作用のリスクしかありません。
下剤ダイエットのようなサイトをみると、一見正しいような気がしてしましますが、だまされないように気をつけましょう。

 

便が出る=痩せるじゃない

そもそも便が出ると痩せるようなイメージがありますが、排便で痩せることはありません。
痩せるためには、摂取カロリーを抑えたり、消費カロリーを上げたりすることが必要です。

 

便秘薬では脂肪の燃焼はできませんよね。
脂肪1kgは約7,000kcal、茶碗1杯のごはんが約200kcal。
ごはんをたくさん食べてしまう人は、便秘薬よりも茶碗1杯分のごはんを1ヶ月我慢する方がダイエットには効果的です。

 

ダイエット中の便秘に使うならOK

便秘薬でダイエットはできませんが、ダイエット中の便秘薬として3Aマグネシアを使うのはOKです。
ダイエットで食事制限をするとどうしても便秘になりがち。
このようなときは3Aマグネシアと乳酸菌製剤のような整腸剤の併用で排便習慣を整えてあげましょう。

 

 

▲目次にもどる

まとめ:正しく使えば妊娠中もダイエット中も使える優秀な便秘薬

薬剤師植松アイコン

3Aマグネシアは安全性が高く、正しい飲み方をしている限りは副作用を過度に気にする必要はありません。
妊娠中やダイエット中の便秘といったデリケートな便秘にも対応できる優秀な便秘薬といえるでしょう。
水を集めて便を出す便秘薬のためコップ1〜2杯と、いつもより多めの水で飲んでみてください。

 

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!