【薬剤師解説】医療用の整腸剤『ビオスリー』の便秘解消効果、副作用について

医療用医薬品『ビオスリー』の効果、副作用について

薬剤師の安永です!
本日は、整腸剤のひとつである、「ビオスリー」について、ご説明させて頂きます。

 

ビオスリーの「ビオ」は「生きている」という意味をあらわしていますが、「スリー」はどういった意味か、気になったことはありませんか?
ビオスリーには、ラクトミン、酪酸菌、糖化菌という3つの菌が配合されており、この3「スリー」という言葉を組み合わせて、「ビオスリー」という名前となっているのです。
3つの菌が相乗的に効果を発揮するので、なんだか良さそうに思えますね。

 

下痢や便秘でお悩みの方では、腸内フローラと呼ばれる腸内細菌のお花畑が荒れている可能性があります。
ビオスリーに代表される整腸剤を服用して頂くことで、腸内の環境を整えて、お腹の調子を良くすることが出来るのです。

 

 

 

成分・剤型

画像引用:東亜薬品工業株式会社

  • 商品名:ビオスリー配合散、ビオスリー配合錠、ビオスリー配合OD錠
  • 成分名:ラクトミン(乳酸菌Streptococcus faecalis T-110)、酪酸菌(Clostridium butyricum TO-A)、糖化菌(Bacillus mesentericus TO-A)
  • 剤型:散剤、錠剤、OD錠

 

ビオスリーには3つの種類があります。
薬価は配合散では6.2円/g、配合錠および配合OD錠では5.6円/錠となっています。
含まれている生菌の量は、配合散1gが配合錠(配合OD錠)2錠と等しいので、配合散の方がお得となっています。
ちなみに、OD錠というのは口の中で溶けるタイプのお薬のことをあらわしています。

 

味については、その他の整腸剤と同じく、ホットケーキミックスに近い味がします。
甘めの味なので、小さいお子様でも問題なく飲んでいただけるお薬なのです。

 

 

▲目次にもどる

効能・効果

ビオスリーは、服用することで腸内の環境を整えて、お腹の調子を良くすることが出来る整腸剤です。
腸の中に有害な菌が存在したとしても、腸内細菌叢のバランスがうまく取れていれば、病原性は発揮されないと言われています。
この腸内細菌のバランスが崩れていると、有害菌が増殖して有害物質を作り出し、下痢や便秘などを起こしてしまうのです。
ビオスリーでは、含まれているラクトミンや酪酸菌、糖化菌が腸内で乳酸や酪酸、酢酸を産生することで、有害菌の増殖を抑えます。
これによって、下痢や便秘、お腹の張りを抑えることが出来るのです。

 

 

▲目次にもどる

飲み方・効果時間など

飲み方

ビオスリーは、1回1〜2錠(0.5〜1g)を1日3回、お水と一緒に飲んでいただきます。
空腹時に服用すると、胃の中が胃酸で酸性になっており、腸まで菌が生きて届かない可能性があります。
よって、ビオスリーを服用するタイミングとしては、食後をおススメしています。
添付文書外の用法となりますが、6ヶ月では1回0.3gを、1歳では1回0.35gを、3歳では1回0.5gを、12歳では1回1gを3回服用していただくとちょうど良い量となります。

 

効果時間

ビオスリーの下痢や便秘の改善作用には個人差があり、飲んですぐに効果が出ない場合もあります。
直ちに症状が改善しなかったとしても、継続して服用していくことで、症状の改善が期待できるのです。

 

 

副作用

ビオスリーを服用した355名の患者様において、ビオスリーが原因と思われる副作用が出た方は、1名もいなかったそうです。
ビオスリーでは、副作用の心配は必要ありませんね。

 

 

▲目次にもどる

注意点

ビオスリーは生菌を用いたお薬であるので、湿気に注意するようにして下さい。
また、気管支喘息の治療薬であるアミノフィリンや、結核の治療薬であるイソニアジドとは、ビオスリーと混ぜることによって色がついてしまうことが分かっています。
これらのお薬とビオスリーは、混ぜて保管しないようにして下さい。

 

 

▲目次にもどる

Q&A

3つの菌を配合するとメリットがあるの?

整腸剤の多くは、単独の菌種が含まれています。
しかし、ビオスリーのように複数の生菌を同時に服用することにも、メリットはあると考えられています。
これは「共生」とよばれる効果で、例えば本剤の酪酸菌と乳酸菌(ラクトミン)を混ぜて培養すると、単独の時に比べて10倍の菌が育つというデータもあるのです。

 

ビオスリーの有効性を証明したデータはあるの?

ビオスリーについても他の薬剤と同様に、優れた効果がデータとしても証明されています。
幼小児にビオスリー配合散を飲んでいただいたところ、胃腸炎で100%(13/13例)、下痢症で93.2%(82/88例)、消化不良性下痢症で88.8%(142/160例)、便秘症で83.3%(20/24例)の改善が認められているのです。
成人の方でも同様に、便秘症で100 %(1/1例)、急性・慢性腸炎で97.8%(44/45例)、下痢便秘交代症で60%(3/5例)の改善が認められています。
整腸剤は患者様が思っているよりも高い効果が認められているので、下痢や便秘でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

市販では売っていないの?

ビオスリーは、市販でも販売されています。
ビオスリーH(粉薬)やビオスリーHi錠(錠剤)として販売されており、持ち運びに便利なPTP包装なども用意されています。
ビオスリーHでは1包中にラクトミン10mg、酪酸菌50mg、糖化菌50mgが含有されており、ビオスリーHiでは1錠中ラクトミン5mg、酪酸菌25mg、糖化菌25mgが含有されています。
病院に行く暇のない方にもおすすめできるお薬なのです。

 

 

▲目次にもどる

まとめ:3つの生菌による相乗効果がポイント

ビオスリーは3種類の生菌を配合していることが特徴のお薬です。
単剤では認められない「共生」による効果も発揮できるので、その他の整腸剤でうまくいっていない方も、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

症状によって異なるおすすめ整腸剤を薬剤師が教えます!

おすすめの整腸剤|下痢・便秘・おならなど症状別選び方

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!