【薬剤師おすすめ】整腸剤を症状に合わせて選ぶ!下痢・便秘・おならなどに適した製品は?

【薬剤師が教える】整腸剤おすすめ

 

整腸剤の効果を十分に発揮させるため、まずすべきこととは?便秘解消に重要な『手順』を知ろう!

薬剤師が本音で言うと、便秘解消法はコノ順番が重要です。

 

 

【最初に】整腸剤とは

整腸剤腸内細菌バランス
整腸剤とは漢字の通りの意味なのですが、腸を整える薬です。
整腸薬と呼ぶ方もいます。

 

腸は小腸と大腸からできており、消化吸収のほとんどを行う臓器で、第二の脳とも呼ばれ体の中でも重要な器官の一つです。
小腸の長さは6メートルから7メートル。大腸の長さは約1.5メートルです。

 

腸の中には細菌が住んでおり、これらの腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌の大きく分けて三つに分類され、互いに自分たちの生存をめぐり、常に腸内で領土争いをしています。
人間の体に住む腸内細菌の総重量は約1.5kgで、数にして100兆個もの細菌が腸内に住みついています。
通常、体の中に入ってくる雑菌は異物と判断され、免疫で駆逐されたり下痢として体外に排泄されたりと腸に住み着くことができません。
しかし、腸内細菌は自分以外の生物なのにも関わらず、体内で生存し続けることができます。

 

腸内細菌の働きは、消化吸収、ビタミンの合成、免疫細胞の生成、水分の吸収などさまざまで、腸内細菌は人間の健康に大きな影響があります。
腸内細菌のバランスは食事、生活習慣、ストレスなど生活習慣に大きく左右され、その改善の一助に整腸剤を服用する方法があります。

 

 

▲目次にもどる

整腸剤の効果

整腸剤効果とは
整腸剤の効果は商品により違いがあります。
便秘、下痢、お腹の張り、腹部ぼうまん感、食欲不振、おならの臭いや量などの改善に利用されます。
各効果については後述しますが、腸は免疫細胞の60%〜70%に関わりがある器官で、腸内環境を整えることは感染症の予防やウイルス対策にも効果的です。

 

さらに、免疫の暴走がアレルギーの原因でもあるため、腸内環境が整い免疫系の正常化が促進されると、花粉症やじんましん、アトピーなどの軽減にも好影響が期待できます。

 

整腸剤にアレルギー対策のような効能効果は書かれていませんが、思いあたることがある方は整腸剤だけではなく、普段からヨーグルトなどの発酵食品で腸を整えておくようにすべきです。

 

 

▲目次にもどる

整腸剤の飲み方

整腸剤をどのタイミングで飲むのかについてですが、それぞれの薬の箱や説明書きを良く読み、間違いのないように飲んでください。
1日3回の薬もあれば、1日2回の場合もあります。

 

服用間隔はどのくらい時間を空けるべきか?

1日3回の場合は4時間程度、1日2回の場合は12時間程度時間を空けて、整腸剤の服用をしてください。
飲み忘れた場合は、食後でなくても気がついた時に飲んでよいものが多いです。
薬の説明書きに食後の指定がないか確かめてください。

 

整腸剤で即効効果はない 1〜2週間は続けて飲んでほしい。

「いますぐ効果のある整腸剤がほしい」という方がいますが、整腸剤は効果が出るまでに時間のかかるお薬です。
効果が遅いがゆえに、「整腸剤を飲んでも効かない」と訴える方もいますが、1〜2週間毎日飲んでみてから効果の有無を判定すべきです。

 

先ほどの説明でもありますが、腸内細菌は1.5kg、100兆個も存在し、それらのバランスが体調に影響を与えます。
整腸剤を飲んだ翌日に突然善玉菌だらけになるというようなことは難しいのです。

 

また、ご自身の中にすでに住んでいる腸内細菌と整腸剤の菌の相性の良し悪しもあるため、続けて飲んでみて効果を体感すべきです。
1〜2週間飲み続けても効果が無い場合は、ほかの整腸剤や乳酸菌サプリ、乳酸菌飲料、ヨーグルトなども試してみましょう。

 

 

▲目次にもどる

症状別:整腸剤の選び方

便秘の方の整腸剤

症状別整腸剤便秘
便秘症の方の多くは腸内細菌バランスが崩れています。
便秘で腸の中に溜まった食べ物のカスなどは悪玉菌のエサになり、有害物質のアンモニア、インドールなどの有毒なガスを発生させます。
悪玉菌が腸内で優勢になると、腸管がアルカリ性になり善玉菌の繁殖を妨げ、さらに悪玉菌の増殖に有利な条件が整い、腸管の動きが悪くなり、便秘を悪化させていきます。

 

逆に、善玉菌が増えることで腸管は酸性に傾き、悪玉菌の増殖を抑え、酸が腸へのほどよい刺激となり腸のぜんどう運動を促すことで便秘解消の効果があります。
善玉菌を増やす方法の一つとして、整腸剤を毎日飲むことが有効です。

 

便秘対策の薬は便秘薬(下剤)を思い浮かべる方が多いでしょう。
特に、一番売れている便秘薬として有名なコーラックは刺激の強い薬です。
刺激性便秘薬は即効性があり、排泄効果の高いのが特徴ではあるものの、その刺激が腸への負担となり、長く飲み続けると効果が少なくなるマイナスポイントもあります。

 

それと比べ、整腸剤は腸への負担はなく、優しく効くため、普段の便秘予防薬として非常に有効です。
普段使いの便秘予防には整腸剤を使いましょう。

 

便秘におすすめの整腸剤ですが、ビフィズス菌が配合されている新ビオフェルミンS、ザ・ガードコーワ整腸錠α3+を選ぶとよいでしょう。

 

便秘の正しい治し方は以下のページを参考にしてください。

【薬剤師が教える】正しい便秘の治し方

 

▲目次にもどる

下痢の方の整腸剤

症状別整腸剤下痢
下痢とひとくちに言っても、その原因によって下痢の種類は様々です。
一例をあげると、一過性の下痢や慢性的な下痢、ウイルスなどの異物による下痢などがあります。

 

一過性の下痢の原因で多いのがストレスです。
極度な緊張や不安により腸が過敏に動きぎゅるぎゅると腸が動き、便意がおこります。
失敗できない試験やプレゼン、試合前などにお腹が痛くなるのはこのストレス性の下痢です。
心因性のため、ストレスがなくなると症状も緩和します。
ひどい場合は整腸剤で下痢を止めるというよりは、下痢止めを飲んだ方がよいでしょう。

 

また、ストレスに弱いというのは、腸内細菌バランスが崩れていることが一つの原因です。
腸内環境が整うとストレス耐性が強くなり、たとえ一時的なストレスがかかったとしても対処することができるようになります。
ストレス性の下痢に悩まされている方は、普段から腸内環境を整えるようにしましょう。

 

暴飲暴食やアルコールなどの影響で一過性の下痢になることもあります。
これはそもそも食事の問題なので、食べ過ぎ、飲み過ぎをやめることが先決ですが、このような時には整腸剤や胃腸薬を飲み、刺激物、冷たいものを避け、良く休んでください。

 

感染症や食中毒で下痢をしている方は要注意です。
体内に感染症の菌やウイルス、毒素が入ってきたため、生体反射で下痢をしていることが考えられます。
この時は、下痢を無理に止めようとせず、そのまま出してしまった方が体にとって安全です。
辛いからといって、無理に下痢止めを使用すると、毒素を体内に溜めこむこととなってしまい大変危険です。
イオンなどの電解質の入ったポカリスエットやOS1などとともに整腸剤を飲み、休んでください。
あまりにも下痢がひどい場合は脱水症状になる可能性がありますので、すぐに病院に行くようにしましょう。

 

下痢の時におすすめの整腸剤は、乳酸菌、納豆菌が入っているザ・ガードコーワ整腸錠α3+です。

 

▲目次にもどる

便秘と下痢を繰り返す方の整腸剤

症状別整腸剤下痢と便秘
便秘と下痢を繰り返す方の原因はストレスが考えられます。
対策としてストレスフリーになることなのですが、現代人はストレスをまったくなくすことは不可能です。
そこで、できる対策として考えられるのがストレスケアになります。
入浴時間をたっぷりとり、好きな音楽を聞き、アロマを焚き、電気を暗くして心を休ませるなどのストレスケアは、便秘と下痢を繰り返す方に効果的。

 

食事も腸に優しい食物繊維と発酵食品をたっぷり摂り、睡眠の3時間前までに食事を終えて質の良い睡眠をとることで、自律神経が整い、やがて下痢と便秘の緩和につながります。

 

このように、整腸剤以外の生活習慣、食習慣の対策方法を紹介してきましたが、なかなか毎日時間がとれないという方は、整腸剤を毎日飲むことで腸内環境を整えるサポートしましょう。
しかし、このタイプの方は、しっかりとした睡眠時間と睡眠の質を整えることがなによりの対策となります。
このことは忘れないようにしてください。

 

便秘と下痢がひどい場合は、『IBS』(過敏性腸症候群)という病名がつく方もいます。
整腸剤を飲んでも改善を体感できない場合、消化器内科や胃腸科の専門医を受診するようにしましょう。
過敏性腸症候群専用の医薬品があります。

 

便秘と下痢を繰り返す方におすすめの整腸剤は、お通じが悪い時はビオフェルミン、下痢の時はザ・ガードコーワです。

便秘と下痢を繰り返すタイプの腸の不調について薬剤師が解説。

下痢を伴う便秘の原因と対処法は?

 

▲目次にもどる

お腹の張り・おならの量が気になる方の整腸剤

症状別整腸剤おなら量
お腹の張りやおならが出る量が多いことの原因は、お腹の中にたまったガスです。
ガス発生の原因はさまざまですが、多くの場合、便秘が引き金となり増殖した腸内細菌の悪玉菌がガスを出し、お腹の張りにつながります。
お通じが毎日しっかりとした量が出て、残便感もない状態をキープできれば改善していくことが多いのです。

 

良いウンチをたくさん出すためには、運動、食事、生活習慣のなかで問題となる個所を見つけ出し、しっかりと対策を打つことです。
これらの原因を正さなければ、改善は難しいでしょう。
良くあるパターンで、食事対策はしっかり行い、野菜、食物繊維、発酵食品を摂っていながら、運動をまったくしない人や、夜更かししすぎて睡眠時間が少ない人などがいます。
例え一つだけ便秘にとても良いことをしていても、その他が全然できていなければ、お腹の張りを改善するのが難しくなります。
ご自身の生活を一度見直して、平均点以上の腸活を心がけてください。

 

お腹のガスやおなら対策に効果的な整腸剤は『ガスピタン』です。
このガスピタンというお薬ですが、よく効果を勘違いされている方が見られます。
ガスピタンはおならを減らすという薬でなく、むしろ始めはおならの頻度が増します。
お腹にたまったガスを出やすくすることでお腹の張りを改善する効果があるため、使い始めのうちはおならがよく出るようになるのです。
ガスピタンはおならを出しやすくすることでお腹の張りに効果があり、続けて飲むことで整腸効果のある乳酸菌などで腸内環境が整う薬です。

 

「おならの量をどうしても減らしたい」という場合は、お通じの改善と腸内環境の改善を同時にした方が良いので、酸化マグネシウム便秘薬とビオフェルミンなどの整腸剤を飲んだ方がよいでしょう。

お腹の張り対策に正しい便秘解消法の3STEPは以下のページを参考にしてください。

【薬剤師が教える】正しい便秘の治し方3STEP

 

▲目次にもどる

おならのにおいが臭い方の整腸剤

症状別整腸剤おなら臭
「おならが卵の腐ったようなにおいがして困っている」という方の相談も多いです。
おならのきつい臭いの原因は硫化水素などのガスです。
これは肉や卵のタンパク質が腸内で分解され発生します。
前日に焼き肉やステーキ、餃子やハンバーグなどをたくさん食べた方のおならの臭いはかなり強烈です。

 

おならの臭い対策は、肉系のたんぱく質を食べ過ぎないことです。
それとともに、お通じの状態を良くすることで、においのほぼない良いおならに変化します。

 

おならのにおい対策におすすめの整腸剤はビオフェルミンです。

 

▲目次にもどる

胃もたれ・腹部ぼうまん感がある方の整腸剤

症状別整腸剤胃もたれ
食べ過ぎ、飲み過ぎでおこる胃もたれ、腹部ぼうまん感は健胃消化薬などがおすすめです。
消化薬が一緒に入っている整腸剤として有名なのがファスコン整腸錠です。
胃もたれがひどい場合は漢方の健胃成分が多い第一三共胃腸薬プラスなどもよいでしょう。
原因となる暴飲暴食はできるだけ避けて、ひどい場合は上記の薬で様子を見ましょう。

 

 

▲目次にもどる

状況別:整腸剤の選び方

赤ちゃん・子供におすすめの整腸剤の選び方

整腸剤子供におすすめ
赤ちゃんや小さな子供は腸の機能が十分に発達していないため、便秘や下痢になりやすい状況です。
子供の便秘は対処法に間違いが無いように注意してください。
大人の便秘の場合は食物繊維をたっぷりと摂るということが常識ですが、小さな子供や赤ちゃんの便秘の際に食物繊維を多く与えてしまうと、さらなる便秘の悪化原因につながります。

 

一番安心な解決案は、小児科医にかかって一人一人の食習慣や生活習慣を聞いてもらい、状況別に便秘薬や整腸剤を処方してもらうことです。
小児の便秘の場合、ビタミンCのシナールなどが処方される場合もあれば、整腸剤で様子を見る場合、浣腸で強制的に出す場合もあり、便秘の状態により使う薬は変わります。

 

健康食品で子供や赤ちゃんの便秘や下痢の予防をしたいとお考えの方におすすめなのは、オリゴ糖です。
オリゴ糖は糖類なので薬ではありません。
オリゴ糖は小腸で吸収されず大腸まで運ばれ、善玉菌のえさになることで腸内環境を整えます。
このはたらきにより、便秘や下痢の予防効果があります。
トクホ商品のオリゴのおかげという商品がおすすめですよ。

 

赤ちゃんでも安心して飲める整腸剤をお探しの方は『新ビオフェルミンS細粒』を選択してください。
生後3カ月から飲むことができる整腸剤です。

赤ちゃんの腸の不調に使用できる市販薬についての解説はこちら。

赤ちゃんと授乳中のお母さんの便秘薬使用について

 

▲目次にもどる

妊娠中・授乳中におすすめの整腸剤の選び方

整腸剤妊婦におすすめ
妊娠中はホルモンの変化や食生活の変化、つわり、運動不足などが重なり多くの方が便秘に悩みます。
授乳中は夜泣きやミルク、子供の食事に関することなど精神の休まる時間がなく自律神経が乱れてしまうことや、母乳を与えるため水分不足になることによる便秘になります。

 

妊娠中の便秘にもっとも安心できるのは、当然ですがかかりつけの産婦人科医に相談することです。
母体や赤ちゃんの状態によって対処が異なり、整腸剤の処方で良い場合や、はたまた便秘薬の処方となる場合もあります。
妊婦さんの便秘の場合、マグミットや酸化マグネシウム錠あるいは細粒などの優しいタイプの便秘薬が処方となることが多いですね。

 

母体の状況が安定している場合や便秘がひどい場合などは、医師の判断で刺激性下剤のラキソベロン液やセンノシドが処方になることもあります。

 

妊婦さんや授乳中の便秘で一番注意してほしいのは、以前から飲んでいた自宅にある便秘薬を自己判断で飲むことや、医師や薬剤師に相談せずに市販の便秘薬を使うことです。
コーラックなどの刺激性下剤は早産や流産のリスクがあります。
また、薬の成分が母乳に混じる可能性があり、赤ちゃんの下痢のリスクがあります。

 

妊娠中や授乳中に安心して使える整腸剤をお探しの方は『新ビオフェルミンS』をおすすめします。
新ビオフェルミンSの乳酸菌は人間の腸内に住んでいる乳酸菌なので、安心して飲むことができます。
アマゾンや楽天からも購入することができるので、外出が難しい方でも手軽に試すことができますね。
運動やお食事、適度な水分摂取もお忘れなく。

妊婦の便秘、予防法と対策についてはこちら。

妊婦の便秘について、理由と対処法

 

 

▲目次にもどる

お悩み別:整腸剤の選び方

ダイエットで便秘になってしまった方の整腸剤

整腸剤ダイエットで便秘
ダイエットをしたことがない女性はいない、と言ってもいいくらい、多くの方がダイエットをしています。
スリムになって自信をつけ、自分らしくありたいと思う気持ちは理解できます。
しかし、ダイエットの情報や新しいダイエット器具に振り回されている方も多いことでしょう。

 

低インシュリンダイエット、炭水化物抜きダイエット、糖質制限ダイエット、筋トレダイエット、酵素ダイエット、プチ断食ダイエット、極度な食事制限ダイエットなどなど。

 

あげればきりがないほどダイエット方法は出てきます。
ここで、薬剤師の立場として声を大にしてお伝えしたいのは、「食べないダイエットをやめるべき」ということです。
偏りがあり過ぎる食事、または食事量を減らすダイエット方法はお通じが悪くなり、排泄がうまくいかなくなる危険があります。

 

体中毒素を排出する経路のうち、75%はウンチです。
つまり、うんちが出なくなるということは、それだけ毒素を体内にため込むこととなります。
排泄がうまくできなくなると、全身に毒素が回り、血の質が悪くなり、代謝が悪くなり、ダイエットにも悪影響。

 

うちの腸活サロンでお伝えしているのが、「ダイエット成功をしたければ、最初にお通じの状況を改善していきましょう」ということです。
お通じの状態が毎日1回以上すっきりと出ている状態を作ると、栄養の吸収が正しく整い、血液の質が良くなり、代謝が良くなります。

 

腸活ダイエットは、過度な糖質制限や食事制限はしないため、食べる量が以前よりもむしろ増えるという人が多いです。
食べる量を極度に制限しないため、精神的ストレスがなく続けられることがメリットです。
継続できるからこそ、ダイエットは成功に近づくのです。

 

様々なダイエット方法があり、それぞれ良い部分があるので、他のダイエット方法を批判するつもりはありません。
ですが、食べないで痩せるという理論を実践することだけはおやめいただき、便秘解消お通じすっきり状態を作り上げ、そこから好みの運動やダイエット方法に取り組むことをおすすめします。

 

ダイエット中も、腸内環境を整える意味でも、整腸剤を利用していただくことは良いことです。
ダイエット効果のある整腸剤は、これといった商品というものはありませんが、お通じをスッキリしたい場合はビフィズス菌が配合されている商品を選ぶとよいでしょう。
新ビオフェルミンSやザ・ガードコーワα3+などです。

 

▲目次にもどる

にきび・肌荒れ対策の整腸剤

整腸剤にきび肌荒れ
肌トラブルは食生活や腸内環境にある、と気がついた人は、かなり意識が高くて素晴らしいと思います。
洗顔の方法や肌に合っていない化粧品などがニキビ、肌荒れ原因という場合は商品の変更を検討してほしいのですが、それでも肌トラブルが改善せず悩む方は少なくありません。

 

スキンケア商品以外の肌荒れやニキビの原因は、ホルモンの変化やストレス、体質など様々な原因があり、特定するのが難しいものです。
しかし、肌トラブルの原因が体質であったとしても、腸内環境を整えることはとても重要なこと。

 

腸に良い食事をすることで腸内細菌バランスが整い、ビタミンの合成が促進されます。
また、栄養の吸収が正しくなり、それによって血液の質がよくなり、よい栄養素が毛細血管まで届き、肌の細胞まで行き渡ります。

 

ダイエットのところでも触れましたが、毒素の排泄経路75%を占めるうんちが滞っている状態であれば、溜まった毒素が全身に回り、肌トラブルの原因となります。
美肌を目指したい方がまず腸を整えるというのは理にかなった方法です。

 

腸を整える方法は様々で、整腸剤だけにとどまりませんが、毎日手軽に飲めて効果があるのであれば整腸剤を試してみたいですね。

 

肌トラブル専用の整腸剤はありませんので、自身の体質と合っているかと確認するには1週間程度毎日飲んでみるほかはないのですが、胃腸が弱い方は『強力わかもと』、便秘気味の方は『新ビオフェルミンS』『強ミヤリサン錠』など大手の整腸剤を飲んでみましょう。

 

芸能人の石原さとみさんや藤原紀香さんも、美肌のために腸活を実践していますよ。

 

▲目次にもどる

過敏性腸症候群(IBS)の整腸剤

整腸剤過敏性腸症候群おすすめ
過敏性腸症候群(IBS)はストレスが原因のものや心因性のものが多い疾患として知られています。
ストレス社会の現在、下痢や便秘を繰り返す、おながが止まらない、下痢がひどすぎるなど、腸の病気に悩む方がとても多くなってきています。
ストレスをなくすことは難しいですが、整腸剤を飲むことで腸の悩みから解放されることは望ましいこと。

 

しかし、整腸剤だけを飲めば腸内環境が整う、というには無理があります。食事、生活習慣、睡眠の状態、仕事や学校のストレスなど、さまざまな状況が重なり、腸内環境の乱れが生じます。
一度ご自身の生活を見直し、どこに問題があるのかを考え、生活習慣の改善とともにストレスケアを行うことが望ましいです。

 

ストレスケアとは、個人に合わせたストレスの発散方法を実践することです。
運動がストレス発散になる方がいれば、読書がストレス発散になる方、おしゃべりがストレス発散になるなど、ケアの方法は人それぞれ。ご自身のなかでなにをすると心が休まり、気分が良く、翌日から元気に生活ができるのかを考えてみましょう。

 

その中の一つとして、腸内環境バランスを整えるために整腸剤を飲み、毎日のお食事を健康的なものに変更し、睡眠の質を上げ、リラックスできる状態を作り出してください。

 

好きなことをすれば良いからと、暴飲暴食、アルコールに走ることだけはさけてください。
腸を酷使し睡眠の質を悪化させてしまい、かえってIBSの症状を悪化させかねません。

 

整腸剤では、IBS専用のものはありません。
IBS専用の薬を市販で選ぶなら、『セレキノン』という消化管の機能調整をする薬が販売されています。
セレキノンとともに整腸剤を飲むのは、IBSにとって良い対策となります。

セレキノンについての解説もアリ。便秘と下痢を繰り返すタイプの腸の不調についてはこちら。

下痢を伴う便秘の原因と対処法は?

 

忙しい方は市販薬で調整するのもよいですが、できれば消化器内科、胃腸科の専門医に相談されることをお勧めします。

 

▲目次にもどる

お悩み別:うつ症状・やる気がでない方の整腸剤

整腸剤うつ症状やる気
うつ病になる前や、うつ病の療養中の方、または気分がすぐれずやる気が出ないという方にも、ぜひ腸内環境を整えてほしいです。

 

脳腸相関という言葉があるのですが、腸と脳、脳と腸は神経細胞が張り巡らされ、非常に関係が密接です。
うつ状態の方は脳内セロトニン量が少なくなることでやる気がでないということがわかっており、SSRIやSNRIなどうつ病治療薬は脳内セロトニン量を増やす働きがあります。

 

しかし、お薬で脳内セロトニンを無理に増やすには限界があるため、食事や生活習慣を整えることでセロトニンになる材料を増やす努力が必要です。

 

小腸の働きの一つはセロトニン生成です。小腸で作られるセロトニン量は全体の90%を占めると言われています。
セロトニンは別名幸せホルモンとも言われています。
腸内環境が整うとセロトニンがどんどん作られ、やる気が出ることで幸せな気分へと繋がります。

 

腸で作られたセロトニンが、そのまま血液脳関門を通り脳へと移動するわけではないのですが、先に説明した脳腸相関があり、腸内環境が脳への好影響を与えることは確かです。

 

毎日のお食事、運動、睡眠などを整え、整腸剤や乳酸菌サプリ、その他の健康食品やトクホ商品を利用しながら、毎日の腸内ケアを継続しましょう。

 

重要なのはケアの継続です。1日や2日腸にいいことをしても、変化はほぼありません。
毎日続けられる事に意味があるので、手軽に続けやすい整腸剤などの力を借りることはおすすめできます。

 

ご自身の腸にあった整腸剤を選んでほしいので、まずは1週間程度毎日飲んでみて、気分の良いもの、腸の状態がスッキリするものを継続してみてください。

 

 

▲目次にもどる

まとめ:整腸剤だけに頼らず他の腸活も行おう!

薬剤師たから

整腸剤は腸内環境を整える一つの手段です。

 

便秘や下痢、その他の悩みを持ってこちらのページにたどり着いてくれた方にまず言いたいのは、腸を整える方法は整腸剤だけでなく、たくさんあるということです。

 

一つの方法だけに絞って実践するのではなく、ご自身にあったケア方法を何種類か見つけだし、それらを組み合わせ、継続してください。

 

腸を植物の木に例えると『根』です。根の状態や根の周りの環境を整えることで、健康的な木に育ちます。
人間の体も同じように、腸を整えることが、見えない部分であなたの助けとなります。

 

腸は大切^^ 毎日ケアしてくださいね。

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!



【薬剤師おすすめ】整腸剤を症状に合わせて選ぶ!下痢・便秘・おならなどに適した製品は?記事一覧

 

薬剤師の安永です!本日は、整腸剤のひとつである、『ラックビー』について、ご説明させて頂きます。ラックビー(ビフィズス菌、耐性乳酸菌)は、腸内細菌のバランスを整えて、腸の働きを良くするお薬です。ビフィズス菌や乳酸菌のお薬は、腸内フローラと呼ばれる腸内環境を整えるためには、非常に重要なお薬であると言われています。ドラッグストアなどでも様々な整腸剤が購入できますが、今回は医療用医薬品で用いられている「ラ...

 
 

薬剤師の安永です!本日は、整腸剤のひとつである、「ミヤBM」について、ご紹介させて頂きます。ミヤBM(酪酸菌)は、腸内細菌のバランスを整えて、腸の働きを良くするお薬です。ミヤBMに含まれている酪酸菌はビフィズス菌や乳酸菌と同様に、腸内フローラと呼ばれる腸内環境を整えるためには、非常に重要なお薬であると言われています。その他の整腸剤であるビオフェルミンやラックビーと混同されやすいので、違いについても...

 
 

薬剤師の安永です!本日は、整腸剤のひとつである、「ビオスリー」について、ご説明させて頂きます。ビオスリーの「ビオ」は「生きている」という意味をあらわしていますが、「スリー」はどういった意味か、気になったことはありませんか?ビオスリーには、ラクトミン、酪酸菌、糖化菌という3つの菌が配合されており、この3「スリー」という言葉を組み合わせて、「ビオスリー」という名前となっているのです。3つの菌が相乗的に...

 
 

薬剤師の斉藤です。ビオフェルミンという名前はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。ビオフェルミンは整腸剤であり、市販薬の新ビオフェルミンSと医療機関が取り扱う医療用医薬品のビオフェルミンがあります。今回は後者の医療用医薬品のビオフェルミンについて解説します。医療用医薬品のビオフェルミンは市販されておらず、病院や薬局で処方せんをもとに手渡される整腸剤です。 ▼ 目次(クリックで開閉)医療用ビ...

 
 

薬剤師の斉藤です。整腸剤のエンテロノン-R散の効果や注意点についてまとめました。エンテロノン-R散は、抗生物質と一緒に服用するちょっと特殊な整腸剤です。そして、エンテロノン-R散の効果は「抗生物質を服用したときのお腹の不快な症状」に特化しています。 ▼ 目次(クリックで開閉)エンテロノン-R散の成分|抗生物質に強い乳酸菌を配合エンテロノン-R散の効果は?飲み方や効果時間|効き始めに大きな個人差副作...

 
 

薬剤師の斉藤です。市販の新ビオフェルミンSについて解説します。新ビオフェルミンSはお腹の調子を整える整腸剤です。新ビオフェルミンSはドラッグストアの店頭やインターネット通販でよく見かける薬ですので、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。その効果や副作用の有無について詳しくみてみましょう。 ▼ 目次(クリックで開閉)新ビオフェルミンSの種類と成分|成分名の『コンク』って?新ビオフェルミンSの...

 
 

薬剤師の斉藤です。ザ・ガードコーワ整腸錠α3+はテレビCMで見たことがある方がいらっしゃるかもしれません。便秘にも軟便にも効くというザ・ガードコーワ整腸錠α3+とは一体どんな薬なのか、薬剤師がお伝えします。また、気になる副作用や注意点もチェックしていきましょう。 ▼ 目次(クリックで開閉)ザ・ガードコーワ整腸錠α3+はどんな薬?成分についてザ・ガードコーワ整腸錠α3+の効果|胃腸の調子とハリを改善...