【薬剤師が教える】便秘に効く飲み物・危険な飲み物|便秘悪化を招く意外なドリンクとは?

便秘に効果的な飲み物・危険な飲み物

便秘飲み物

 

薬剤師たから

こんにちは 薬剤師のたからです。
当ページは便秘に効く飲み物と、便秘の方に控えてほしい飲み物について紹介します。

 

 

便秘がちな体質の改善には順序が大事!便秘になったら真っ先にするべきこととは?

薬剤師が本音で言うと、便秘解消法はコノ順番が重要です。

 

 

便秘に効く飲み物の話の前に「まじめなウンチのはなし」

ウンチ構成成分内訳
お通じ改善のために、野菜などの食物繊維を摂る方は多いですよね。
もちろん、食物繊維を摂ることはお通じにとってとてもいいのですが、実は水分摂取をしっかりとしないといいウンチにはなりません。

 

突然ですが、みなさんはうんちの中身がどうなっているかご存じですか?
実は、うんちの80%は水分。残りの20%が『食べ物のカス』『腸粘膜の剥がれおちた組織』『腸内細菌』です。
食物繊維や発酵食品などの食事の対策もとても重要なのですが、水分摂取がおろそかになっていると、うんちが硬くなり、便秘症状の悪化を招きます。

 

ほどよい軟らかさのすっきりとしたウンチを出すには、こまめな水分摂取が欠かせません。
効果的な水分摂取の方法ですが、一気にガブガブと飲むのではなく、時間を置きながらゆっくりと飲んでください。

 

 

▲目次にもどる

便秘解消におすすめの水

便秘解消おすすめの水飲み方
水を飲む際は、温度に注意が必要です。
腸を冷やす冷水は、お通じ対策として良くありません。
ウォーターサーバーから出てきたキンキンに冷えた水や、冷蔵庫で冷やした麦茶などはNG
常温以上がおすすめで、できれば白湯のように温めた水分をとるようにしましょう。

 

まずはじめに

朝起きたらすぐにコップ一杯の白湯を飲んでください。
起きたての空っぽの胃に水分が入ることで胃・結腸反射がおこり、腸の動きが活発になります。
朝一の白湯で便意のスイッチを入れましょう。
起きたての口の中は雑菌が大量に繁殖しているため、うがいをお忘れなく。

 

お酒は水分ではない

「毎晩アルコールを飲んでいるから水分摂取は十分!」と言う方がいますが、お酒は水分摂取にカウントできません。
アルコールを代謝する過程で、体内の水が使われてしまうため、アルコールの摂取は水分補給とは逆の脱水行為です。

 

また、お酒は交感神経優位にして自律神経を興奮状態に導きます。
興奮状態になると腕や足などの骨格筋は俊敏に動けるように血流がよくなりますが、反対に内臓の血流は少なくなるため、胃腸の動きは弱くなります。
ですので、過度のアルコール摂取は便秘に悪影響。
量はできるだけ控え、飲んだ時はお酒と同量の水を飲みましょう。

 

便秘に効果的な硬水

便秘解消おすすめ硬水

硬水とはマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が多く含まれる水のことです。
硬水に含まれるマグネシウムは腸管に水分を増やす働きがあるため、便秘解消効果があります。

 

日本の水道水は軟水なので、硬水を飲みたい方はドラッグストアやコンビニなどで購入しなくてはなりません。
水は重く持ち運びが大変なので、ネット通販で購入する方も多いですね。

 

硬水で有名な商品は『コントレックス』や『エビアン』です。
これらは飲みすぎると下痢になる可能性がありますので、量に注意しながら適度に飲んでください。
また、硬水も常温で飲むことをおすすめします。

 

 

▲目次にもどる

便秘解消に腸内フローラジュースがおすすめ

便秘解消ドリンク腸内フローラジュース

2.4キロ自然に痩せた!便秘対策の腸内フローラジュースの作り方

http://benpi-project.com/Cure-oneself/Immediate-effect/intestinal-flora-juice.html

 

便秘解消ジュースの作り方は上記リンク先で詳しく紹介しています。

 

『腸内フローラジュース』材料

  • にんじん
  • ヨーグルト
  • バナナ
  • 豆乳
  • ヤクルト
  • お好きなフルーツ

 

にんじんは皮と身の間にペクチンという食物繊維があるので、皮をむかずそのまま入れてください。
バナナにはオリゴ糖が入っているため善玉菌を増やす働きがあり、ヨーグルトやヤクルトの乳酸菌は腸内環境を整え便秘解消に役立ちます。
お好きなフルーツには旬の物を入れると栄養価が高く、コストも抑えられるためおすすめです。

 

腸内フローラジュースに『キウイ』を入れるとおいしいですよ。
キウイは水溶性食物繊維、不溶性食物繊維がバランスよく含まれているためお通じ改善効果が高く、酸味と甘みのバランスもよいので私は好んで入れています。

 

腸内フローラジュースは、毎日朝ごはん代わりにタンブラー一杯飲みましょう。
便秘対策として飲む場合は、お腹の冷えに注意したいので、レンジで15秒ほど温めると腸に優しいですよ。

 

 

▲目次にもどる

便秘解消に甘酒

腸活ドリンク甘酒
甘酒の乳酸菌には便秘解消効果があります。
論文が出るほどの効果です。
(参照:「便秘に対する甘酒摂取の効果」

 

甘酒の乳酸菌は植物性乳酸菌なので、胃酸に強く、腸まで生きて届く特徴があります。腸活のために飲むのであれば、甘酒は毎日飲みたいドリンクです。安く続けるためには自分で作る方がコストを抑えられます。クックパッドなどのレシピサイトには作り方がたくさん載っているので、参考にしましょう。
(参照:クックパッド「甘酒レシピ」

善玉菌の摂取には手軽さが魅力の乳酸菌飲料もおすすめです!

乳酸菌飲料の効果的な飲み方や注意点について

 

 

▲目次にもどる

便秘に効果的なお茶の選び方

便秘茶注意喚起

便秘茶を購入する際、注意してほしいことがあります。
キャンドルブッシュやゴールデンキャンドルという成分が入っている便秘茶は絶対に購入しないでください
これらのお茶には下剤成分の『センノシド』が含まれています。国民生活センターからも過剰摂取を控えるよう注意が出ています。

 

下剤成分センノシドでスッキリしたい場合は、あえてお茶で飲まずに薬で飲めば良いのです。
どの程度お茶に薬効成分が溶け込むかわからないため、キャンドルブッシュ茶は危険です。

センナ茶・キャンドルブッシュ茶など、センノシドを含むお茶の危険性についてはこちら。

「お茶だから安全」は間違い!センナ茶の注意点

 

便秘茶選び方に要注意
また、キャンドルブッシュ配合のお茶販売サイトは、健康的に痩せるイメージを前面に押し出しているもの多く、毎日キャンドルブッシュ茶を飲んでしまう方が後をたちません。
しかし、キャンドルブッシュ配合のお茶を毎日飲むということは、下剤を毎日飲んでいるのと同じです。
これを続けると、腸が下剤成分の刺激に慣れてしまい、便秘茶を飲まないと排泄できない体になる可能性があります。

 

なぜこのような危険性があるお茶がネットなどで簡単に手に入るのかはわかりませんが、なんの制約なく販売されているという現実があります。
ブレンド茶に配合されているというケースも見受けられますので、中身の成分はよく見てください。

 

毎日続けても問題がなく、なおかつ便秘に効果的なお茶としては、『食物繊維入り』か『ノンカフェイン茶』がおすすめです。
食物繊維入りのお茶には原料やパッケージに『難消化性デキストリン』と書いてあるものを選ぶとよいでしょう。
難消化性デキストリンは水溶性食物繊維の一種で、お通じを軟らかくする働きがあります。

 

ノンカフェインのお茶は『ごぼう茶』『ルイボスティー』『ローズヒップティー』などが有名です。
ごぼう茶はイヌリンという水溶性食物繊維を摂れるので、便秘解消にも効果的です。

 

 

▲目次にもどる

便秘解消の飲み物まとめ

薬剤師たからアイコン

毎朝すっきりのウンチ作りには水分摂取がかなり重要であることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

健康食品の選び方にも注意しながら、こまめに水分を摂ってくださいね。

 

お通じスッキリには腸もみエステもおすすめです!

 


薬剤師たからの無料セミナー開催中!



【薬剤師が教える】便秘に効く飲み物・危険な飲み物|便秘悪化を招く意外なドリンクとは?記事一覧

 

ドラッグストアの健康食品コーナーや通販などの棚を賑わしている『便秘茶』。「毎朝スッキリ」や「快腸」といった言葉をかかげたこれらの商品を目にしたことがある人は多いでしょう。「便秘がちで困ってはいるけど、下剤を使うのはちょっと...」と考える人にとって、『便秘に効くお茶』というのはなんとなく安心で魅力的に映ることと思います。お茶というと、下剤などの医薬品と比べて安全で、健康的に便秘を解消できる、と思っ...

 
 

『スルスル』『スッキリ』『モリモリ』『快腸』…。ドラッグストアや通販サイトには、いかにも便秘やダイエットに効果があるかのような商品名や宣伝文句で売られている健康茶が、数多く並んでいます。「便秘に悩んでいるけど下剤はちょっと…」と考えている人にとってはとても魅力的に映る商品ですよね。お茶というとつい「下剤と違って安全だから安心」と思ってしまいがちなもの。しかし、これらの健康茶、中には下剤と同じような...

 
 

健康について高くアンテナを張っている方であれば、サラシア茶というお茶の存在をご存知の方も多いでしょう。サラシアは古来より糖尿病の特効薬として用いられてきた植物です。近年になって、食後の血糖値の急激な上昇を抑える効果をはじめ、脂質の吸収を抑える効果、アンチエイジングなどの健康効果が注目されてきています。サラシアのダイエット効果に注目している方は、これらの効果の他に「便秘の解消にも効く」という話を耳に...

 
 

TVのバラエティー番組などでお馴染みの南雲吉則医師がすすめる健康茶としてブームとなった『ごぼう茶』の名前を聞いたことがある人も多いことと思います。独特の健康法を実践し、60代になった今でも若々しい見た目を保つ南雲医師が、自らの若さを保つ秘訣として紹介し、話題となったごぼう茶。その効果・効能や、おすすめの飲むタイミング、注意点などについてご紹介していきます。 ▼ 目次(クリックで開閉)ごぼう茶とは?...

 
 

爽やかな甘酸っぱさで人気の飲み物、乳酸菌飲料。子供の頃、「大容量の乳酸菌飲料をグビグビ飲むのが夢だった」という方も居るでしょう。ヤクルトをはじめとした乳酸菌飲料は、私達にとっては身近で当たり前のような存在です。ですが、「子供の頃は飲んでいたけど、今は少しご無沙汰…」という方も多いのではないでしょうか。近年は、腸内フローラや腸活といった言葉に代表される腸内環境への関心の高まりつつあります。それに伴っ...